知的財産賠償責任保険

<補償の概要>

第三者の知的財産権を侵害してしまった場合の賠償責任リスクに備える保険であり、損害賠償金や争訟費用等を補償します。特許権、商標権、意匠権、著作権等の知的財産権の侵害が対象です。

<事業活動における知的財産権侵害リスク>

近年のインターネット、生成AI等の発展やグローバル化等に伴い、分野や地域・国の境を超えて事業活動が行われるようになっており、知的財産権の侵害リスクが高まっています。例えば、AI(人工知能)の分野では、短期間で1万件の特許を出願した企業に関する報道もされました。AI関連の新規事業を行ううえで、こういった特許群を全て回避するのは極めて困難です。

また、国ごとに知的財産に関する法律や基準が異なり、存在する知的財産権の内容も異なるため、知的財産権の侵害を完全に回避することは、不可能といっても過言ではありません。

例えば、日本よりも訴訟が活発に行われ、かつ訴訟1件あたりの損害賠償額が高額となる傾向にある米国で事業を行う場合、知的財産権の侵害リスクはより大きなものとなります。

知的財産権を侵害してしまった場合、以下のようなリスクが想定されます。

知的財産権を侵害してしまった場合に想定されるリスク

上記は第三者の知的財産権を侵害してしまった場合に想定される一般的なリスク例であり、知的財産賠償責任保険の補償対象をご説明するものではありません。

知的財産権を侵害してしまった場合に発生し得る多額の損失により、商品・サービスや事業、会社の存続ができなくなるケースもあるため、事前にリスクを軽減する必要があります。

このような背景を踏まえて、第三者の知的財産権を侵害した場合の損害賠償責任リスクへの備えとして、知的財産賠償責任保険をおすすめしております。
企業の本来活動に注力するためには、損害保険の適切な活用が不可欠です。

知的財産賠償責任保険は、三井住友海上火災保険株式会社が引受保険会社となる商品です。
上記は知的財産賠償責任保険の一般的なご説明です。詳細に関しては別途ご案内しますので、当社までご連絡ください。パンフレット等を送付いたします。

知的財産賠償責任保険に関するお問い合わせはこちら

発信元:株式会社IPリッチ
info@iprich.jp

メールでお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください